兵庫県の道の駅ポータルサイト

淡河

新しくなった空間でほっと一息 絶品そばが味わえる道の駅

道の駅「淡河」は、2003年4月に全国の政令指定都市として初めて1の道の駅として開設され、オープンから16年、たくさんのドライバーの皆様にご利用いただいておりました。今年の8月3日に物販コーナー「農協市場館 道の駅淡河」とレストラン「そば処 淡竹」が先行して移転リニューアルオープンしました。広くなった売場では、地元の新鮮な農産物の他、全国でも有数の産地として有名な淡河ブランドの新鉄砲ゆり、チューリップなどの花、味噌、竹炭などの加工品や、淡河町のきれいな空気と水で育てたコシヒカリやキヌヒカリ、酒造好適米「山田錦」の酒など、さらに充実した淡河の名産品を提供しています。 今年の12月末には施設の更新や駐車場の整備などを終え、グランドオープンを予定しています。

 

地元でも栽培されるそばの実だけを使った十割そば。すすればふわっとそばが香る、みずみずしく喉ごしもいいそばで、奥に甘さもある上品な風味です。直売所の朝採れ野菜を使った天ぷらも合わせれば、舌もお腹も大満足間違いなし。

 

 

 

 

 

地元で採れた新鮮野菜・筍・米はもちろん、竹細工・竹炭など地元産の農産加工品を販売。「新鉄砲ゆり」や「チューリップ」、酒米「山田錦」の全国でも有数の産地であり、切花や酒類などお土産に喜ばれる商品も多数取り揃えております。

 

淡河町は、神戸市街地から車でおよそ30分、町の中央を淡河川が東西に流れ、その地域に平野が広がっている、美しい里山に囲まれた農村地帯です。古くから宿場町として栄え、港町神戸のイメージとは異なり、昔懐かしい故郷の雰囲気が残されているエリアです。 また、淡河の笹を王子動物園のパンダの飼料として送りつづけ「パンダの里」としても知られています。

 

このジャンルの一覧▶

近隣の道の駅情報

道の駅
淡河

住所
神戸市北区淡河町淡河字弘法垣643-1
電話番号
078-959-1665
定休日
12月31日~1月4日
フリーペーパー道の駅各道の駅にて無料配布中

新着情報

  • 「日本のへそ」にちなんだお土産や 新たな特産品の発見に出会える!

    北はりまエコミュージアム

    道の駅北はりまエコミュージアムは兵庫県のほぼ中心部に位置する西脇市にあります。東経135度と北緯35度が交わり、日本の中心部にも位置し「日本のへそ」と呼ばれています。そんなへそのまちにある道 […]

    詳しくはこちら

  • 自慢は和モダン空間と地元野菜!

    ようか但馬蔵

    道の駅「ようか但馬蔵」には、たくさんの「蔵」があります。昔から養父市は蔵が多くあり、「繁栄の象徴」という事で道の駅内の建物も蔵造りとなっています。 但馬と言えば、山のもの、海のもの、ブランド […]

    詳しくはこちら

  • 天ざる定食

    淡河

    地元産そば粉のみつなぎを使わない「十割そば」  道の駅の中にあるレストラン「淡竹」では地元産のそばの実だけを使った十割そばが味わえます。「天ざる定食」は、週末ともなれば行列ができるほどの人気 […]

    詳しくはこちら


トップへ